2匹と同じ鮪はいない〜鮪は人間と同じ?〜
 よくお客様から耳にする声…
「こないだ買った鮪と同じのはない?」 「2回目に食べたのは少し違った…」 など様々ですが、全く同じ鮪はいないのです…
同じ本鮪でも甘味が強いもの、酸味が強いもの、身がねっとりしてるものなどすべて違います。何度か食べていると味、身の違いが分ると思います。そのため好みも出てくるのです。
そう!人間と同じ性格や顔が多種多様なように、鮪も脂・肉質・スジすべてが同じ鮪はいません。
 実はオーシャングロウ店員Aもそのうちの一人…
小さい頃から鮪は好きで、たまに食卓に並ぶと大喜びでした。そして…オーシャングロウの鮪を食べ始め、舌が肥えたのか、A個人的には「味が濃く、酸味の強い鮪」が好きになりました。しかし一般的に評価されるのは「甘くて、ねっぱりした鮪」なのです。確かにAの周りには甘くて、ねっぱりした鮪好きがほとんどで…
もちろんお寿司屋さん、料亭さんなどは評価の高い「甘くてねっぱりした鮪」がよく使われています。だからA個人としては他のお店で食べるのは半分勉強です…
 皆さんも自分好みの鮪を見つけてみませんか? O(≧∇≦)O
その他鮪に関するご質問はこちら
当店で扱っている鮪の漁場
 主にニューヨーク沖と地中海沖の鮪を扱っています。
特にニューヨーク沖が多く、本鮪漁場の中ではトップクラスの漁場です。
エサも豊富で冷たい海なので、よく育ち、脂も良く、身も締まっている最高の鮪が捕れる場所です。
 この漁場の旬は10月〜12月が時期になりますが、冷凍保存されている為、一年中「旬」の鮪を召し上がっていただくことが出来ます。
なぜ遠洋漁業なの?〜冷凍鮪の秘密〜
 三崎近海で捕れた鮪が三崎鮪と思っている人は少なくないでしょう。
しかし三崎鮪とは、ほとんどが遠洋漁業で捕れた冷凍鮪なのです!
なぜ遠洋漁業?しかも冷凍?
と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。
世界中にはさまざまな漁場があり、漁場ごとに旬があります。鮪漁船は世界中の海で漁場ごとに異なる旬の鮪を追い求めています。
冷凍鮪と聞くと、ほとんどのお客様が良くないというイメージがあると思います。実は釣り揚がりすぐに−60℃で急速冷凍されるため鮮度は抜群にいいのです!
 しかし冷凍鮪だからといってすべて良い鮪とは限りません。捕れた漁場、時期、漁船の冷凍能力などで大きな差が生まれます。鮪は脂ののりかた、肉質などが1本1本違うのです。遠洋漁業で捕れた旬の鮪を急速冷凍し、高鮮度な鮪が三崎鮪なのです。